日本訪問看護認定看護師協議会

全国の会員のみなさ~ん、「精神科看護」についていっしょに学びませんか?

関東ブロック以外からのご参加大歓迎!

突然、秋がやってきた感じですね!
2021年オリンピック&パラリンピックでは、たくさんの感動と勇気をもらいました。
日常に戻れば、引き続き新型コロナウイルス感染症との戦いです。
みなさまにおかれましては、日々の訪問看護業務に加え、感染予防にとご活躍のことと存じます。
さて、関東ブロックの今年度の活動は、
ZOOMによる研修会「精神科訪問看護の事例とWRAP(元気回復行動プラン)」を企画しました。
精神疾患の利用者様や、ご家族が精神疾患を患っている方のケースで悩んでいませんか?
今回の研修は、精神科に特化した訪問看護ステーションを主宰されている藤田先生が経験された、
たくさんの事例を通して精神科訪問看護について、またそこでの取り組み「WRAP」について学んでいきます。
精神科訪問看護療養費を算定していてもしていなくても、
いろんなシーンでとても参考になる内容となっています。
協議会会員の方はどなたでも大歓迎! いっしょに学びましょう!
参加申し込みは下記チラシをダウンロード、QRコードからアクセスしてください!

WRAPとはリカバリー(元気回復)に役立つツール

WRAP(ラップ)は、アメリカの自身も精神障害を持つメアリー・エレン・コープランド氏を中心に、
精神障害のある人たちによって作られ、世界中で活用されている元気回復に役立つツールです。
Wellness(元気)・Recovery(回復)・Action(行動)・Plan(プラン)の頭文字のWRAP(ラップ)は、日本語で「元気回復行動プラン」と呼ばれ、精神的な困難を抱えた人たちが、自分らしくあり続けるための知恵や工夫を蓄積して作られた、自分で作る自分のためのリカバリープランです。
(訪問看護ステーションりすたーと オフィシャルサイトから要約)


訪問看護ステーションりすたーと 所長/藤田茂治先生〈看護師・WRAPファシリテーター〉

開催日:令和1016(土)13:00~17:00
テーマ:精神科看護の事例から学ぶWRAP
講 師:訪問看護ステーションりすたーと
    所長/
藤田茂治先生〈看護師・WRAPファシリテーター〉
     訪問看護ステーションりすたーと→https://www.beliefplus.co.jp
     藤田先生プロフィール→https://www.beliefplus.co.jp/company/


会員でないみなさん! 入会して研修会に参加しよう!
訪問看護認定看護師、訪問看護師、そして訪問看護に興味のある方ならどなたでも―
ただいま絶賛会員募集中です!
私たちといっしょに訪問看護について深く学びませんか?
関東ブロック発行“NewsLetter”を添付させていただいきました。
このチャンスに入会し、研修会への参加申込みお待ちしております!!

関東ブロック委員一同
お問合せ/井上京子 kyoko@inoue-ar.com  tel.090-8940-3851

JVNCNA事務局
tel:03-5778-7008
fax:03-5778-7009
mail:kyogikai@jvnf.or.jp

ページトップ