日本訪問看護認定看護師協議会

地域向け研修会

「在宅看取り/一人ひとりの心構えと介護者の心のケア」
と題し、鳥取県琴浦町のみなさんに向けた研修会を
実施しました!

ブロック名:中四国ブロック
開催日:2021年10月7日㈭
参加者: 20名

今期の地域向け研修会は「小児・障がい者・高齢者、誰も取りこぼさない共生社会に向けて」という大テーマで、中四国ブロックが企画した地域向け研修会10月7日(木)鳥取県琴浦町の会場と講師を結んだZoomオンラインを使って開催されました!
国の施策「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現をめざし、地域包括ケアの理念を普遍化した“自宅でエンディングを叶える”ために、介護者や地域住民の一人としての心構えを伝えようと、中四国ブロックの訪問看護認定看護師メンバーが講師となって、地元のみなさんを対象に実施。当日60代〜80代まで20名の方々が参集してくださり、アットホームな空気の中、対象であるコアな方々に直接伝えることができ、当初の目的を達成することができたとても有意義な研修会となりました。

具体的内容は—
・厚生労働省のアンケート調査を元に、参加者が「人生の最期をどこで迎えたいか?」を考え、共有。
・病院、施設、自宅という、看取りの場となるそれぞれの特徴と、在宅看取りの具体的な様子や訪問後の役割について。訪問看護による家族支援の事例や、 近隣住民や友人等のサポートが有効だった事例から、在宅看取りは地域住民の力も重要であり、地域でできることを積極的に考えられるような参加者への投げかけをしました。


参加者からは「訪問看護の話を聞いて在宅療養ができるような気がしてきました」「家族と今から最期について話し合いたいという思いが強くなりました」「今は元気だが数年先は不安。早めにいろんなことを考えながら暮らしていきたい」といった声が寄せられました。

JVNCNA事務局
tel:03-5778-7008
fax:03-5778-7009
mail:kyogikai@jvnf.or.jp

ページトップ